図々しさとは、他者の個を認めないところから生じる

友達の愚痴。

彼のワンルームマンションの部屋は散らかり放題に散らかっているそうだ。

万年床が敷いてあり、その周りの床は生活用品や雑誌や服で埋め尽くされていると言う。

彼はその状態を「何でもすぐ手が届くから便利だよ」と気に入っているので、それは構わない。

問題は、彼の友達が「泊めてくれ」とよく頼んでくることだそうだ。

よく一緒にスポーツ観戦したりスポーツバーに行ったりするそうで、
彼の家が便利な場所にあってすぐ帰れるのに対し、その友達の家は遠いのだそうだ。


だから「お前が泊めてくれたら急いで帰らなくて良くなる」と言うらしい。

部屋が散らかっているから無理だと言っても、「俺、そう言うの気にしないし」だって。

「こっちが気にするんだよ!いくら自分が平気で暮らせていても、他人には見せたくないよ!」と彼は怒る。

その通りに言えばと言ったら、「言ったよ、言っても「散らかしてるくらい恥じることない。お前も気にするなよ」って言うんだよ!」だって。

ああ、いるよねえ。

相手が嫌だと言っても、「嫌だと思わなければいいんだよ」と返す人。

絶対に譲歩するな、どこまででも踏み込んでくるぞと警告しておいた。

彼もよくわかっているようだったけど。

Comments are closed.