内容は何でもいいんですか

上の方の人が、「外国から手紙が来たけど英語でわからないから訳してくれ」と手紙をよこしてきた。

手が空いていた後輩がすぐ取りかかって、すぐ吹き出した。
かの有名な、ナイジェリアの手紙詐欺だって。

これは訳す必要はありませんねってことで、後輩がその偉いさんに電話して大体の内容をお伝えしたけど、なんか様子が変。


電話を切ったら、嫌そうに「とりあえず全部訳して文書でくれって…」
読まなくてもいいものを、何故訳させるのか。

くだらない仕事を増やさないでほしい。
仕方ないので後輩は全部訳していた。

資金を外国に持ち出すために口座を使わせてほしいと言う、「政府要人」とやらの手紙を。

そして、和訳を渡す時に後輩はナイジェリアの手紙詐欺について説明し、協力したら資金洗浄の共犯になってしまうことも説明したそうだ。

偉いさん、ふーんと興味深そうに聞いていたそうだ。
「外国から英語の手紙が来たのなんて初めてだって楽しそうでしたよ」って、そこ喜ぶところじゃないから!

Comments are closed.