プリンタ―インクは互換製品でも大丈夫なのに

会社のプリンター用インクは必ず純正のインクを使っています。
経費削減のために純正ではなくて互換性にチェンジすればいいと思うのですが、
昔の考えが抜けきらない上司は、日本製の純正プリンターインクにどうしてもこだわりたいらしいです。


アメリカや海外ででは互換性のプリンターインクを使うなんてことは当たり前の事なのに、やっぱり自国の純正しか頭にはないみたいです。

私は今まで互換性インクで印刷の不具合や、色の違いなどを感じたことは全くありませんが、やはり、どこの国で作られたかと言うのはきになるところではありますね。

でも最近では日本製の互換性インクがたくさんありますし、国内で生産された互換性なら、信頼して使い続けても大丈夫だと思っています。

Comments are closed.